スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs東京ベイ(心技体)

自分が高校生のとき毎試合ごとに顧問の先生が、心技体という名でレポートを出してくれていて、勉強の合間によく読んでいた思い出があり、心に残っています。
次の練習から何をしよう、なんてよく考えていました。
まねできる訳ではないですが、顧問の先生の文章を参考に、東京ベイ戦を振り返りたいと思います。

「心」
どれだけの人が、このゲームに対して本気になれたでしょうか。
ラグビーって面白いスポーツで、ゲーム前から大の男が感極まって泣いてる選手がいるようなハートフルなスポーツです。/よく大学選手権で見ますね。
「気合い」や「根性」が本当にゲームの命運を左右するといっても過言ではないと思っています。
今回の東京ベイ戦に対して、どれだけの人が「勝つ」と思ってゲームに入れていたか。アップのときからまだ気持ちが足りないと思います。もっと厳しく、もっと激しく、もっと熱くなりましょう。
ゲーム中は、海野さんが吠えているのが印象的でした。もっとハートを出して欲しいです。

「技」
フェーズアタックとランニングコースのスキル向上は必要ですね。ちょいちょい練習でやっていますが、プライオリィ高く練習していきましょう。
あと、自陣からの脱出。キックなのか、オーバーラップを作るのか。意図を持ったアタックが必要です。
ここら辺は、これからの練習で取り組んでいきます。

「体」
筋力と体力に分けられるとすれば、体力をもっとあげましょう。といっても劇的な変化は厳しいと思うので、ポイントを絞ると、セットプレーとキックチェイスです。
セットプレー後に歩き出すのは、ありえないです。が、JDは当たり前になっています。「スクラム組んで疲れた。」んなの、当たり前です。フォローコースを含めランスキルはあげていきたいと思います。
キックチェイスは、面で追うなど基本的なことは理解はしていると思いますが、試合で実践できていない。特に厚みがない(一次でチェイスにいったプレーヤのフォローがないことを言いたいです)ので、結果相手のランナーに走られゲインを切られています。
セットプレー後とキック後のアクションは傍観者にならず、アクティブプレーヤーになるように意識しましょう。
体力足りないなと自分で思っている人は自覚されていると思います。積極的に水曜日のトレーニングに参加してください。

ということで、初めての心技体でした。
もっとうまく書けるように、勉強します。

城東ドンキーズ
http://donkeys.sakura.ne.jp

vs 東京ベイ戦(10/26)
https://www.youtube.com/watch?v=FkAOCUkniXQ&list=UU4wLmourIfzEB3clHlOVccw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

King YAMAZAKI

Author:King YAMAZAKI
毎週日曜日は朝から江戸川の河川敷でラグビー、昼からはビール片手にラグビー談議とラグビー三昧な週末を送っています!
目指すは東京都クラブ選手権1部昇格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。